ガッツリ稼ぎたいなら海外不動産で投資を成功させよう

男女

空室のリスクを回避する

家賃債務保証は賃貸借契約において、家賃債務を担保する保証で、借主が万が一でも家賃を滞納した場合は契約した会社が代位弁済をしてくれます。また、連帯保証人を代行してくれるため、入居希望者が保証人を立てられない場合でも利用でき、空室のリスクを軽減できるのが不動産オーナーにとってのメリットとなります。

セミナー

話題になっている投資

不動産投資が人気になっています。将来的に不動産という資産を残すことがでいるなどのメリットも多いのです。不動産投資セミナーは、不動産会社が主催するセミナーです。大都市では無料で毎週のように開催されています。

電卓とお金

家賃滞納の心配不要

賃貸保証会社は入居希望者から保証委託料としてお金を預かる代わりに、入居希望者の連帯保証人になります。入居してから家賃の滞納があれば、賃貸保証会社が入居者のかわりに保証委託料から滞納した家賃を代わりに支払います。賃貸保証会社と契約しておけば家賃を滞納される心配がなくなります。

外国の不動産を扱う利点

握手

不動産投資は、不動産に資金を投じることでリターンを得るものですが、その種類としては家賃収入等によって得られるインカムゲインと、不動産を売却することで得られるキャピタルゲインの2種類があります。一方で日本においては、すでに不動産市場が飽和状態ですので、東京などのごく一部を除けば、不動産投資でリターンを得ることは難しくなっています。そこで不動産投資の新しい活路として現れているのが海外不動産投資です。海外不動産といってもアメリカのハワイのような観光リゾート地に投資するものもありますが、リターンとして魅力的なものとしては新興国があります。新興国の場合には以前は法整備が整っていないといったリスクの高さから、敬遠されがちでしたが、現在は新興国でもある程度発展し、また法整備が整っている国においては、安全に海外不動産を購入することができるようになっています。特にその国が威信をかけて都市づくりをしている地域であれば、安全に海外不動産投資ができます。これら新興国の海外不動産投資先としてはフィリピン、シンガポール、タイなどがあります。いずれの場合もメリットとしては、高い利回りで、インカムゲインもキャピタルゲインも両方とも期待できるという点です。また取得できる金額も日本円からすると極めて低く、1000万円程度で高級投資用マンションを手に入れることも可能です。もちろん、これらを仲介する日本語に対応したバイヤーも多く国内投資と変わらない水準で不動産投資を行うことができます。